オリゴ糖と乳酸菌

腸内の善玉菌を増やす存在として挙げられるのが、オリゴ糖と乳酸菌です。

 

オリゴ糖は善玉菌の大好物のエサとして善玉菌の増殖を大いに助けますし、乳酸菌は、腸まで生きて届くものもいるし、たとえ死んだ状態で腸に届いたとしても、これまた善玉菌のエサとなるという形で、オリゴ糖と同様に善玉菌の増殖を助ける役割を果たします。

 

さて、オリゴ糖と乳酸菌、この2つを比較すれば、どちらがよりおすすめなのでしょうか?

 

よりおすすめなのはどっち?

オリゴ糖と乳酸菌、どちらがおすすめなのかというとーこれは実は「どちらも、善玉菌を増やして便秘改善につなげるには、同じくらいおすすめ」と言えます。

 

ただし「どちらが、日々の食事からじゅうぶんな量を摂りにくいか?」という比較になると、これはオリゴ糖のほうが摂りにくいです。

 

乳酸菌は、実は食べ物からの摂取は比較的容易なんですよ。

 

「朝にヨーグルトを食べる習慣をつける」「ナチュラルチーズを食べる」「キムチや漬物などの発酵食品を食べる」など、何かひとつ心がけるだけで、ある程度の乳酸菌は摂取できます。

 

しかし・・・オリゴ糖の場合、玉ねぎやゴボウなどの野菜類に含まれているとは言われるものの、「食べ物に含まれているオリゴ糖の量が少ないので、食べ物からのオリゴ糖摂取だけで便秘改善につなげるのは難しい」という事実があるのです。

 

オリゴ糖商品を利用しよう!

というわけで、善玉菌を増やして便秘改善につなげるには、オリゴ糖も乳酸菌もどちらも同じくらい大切、ということになるのですが、そのうちオリゴ糖は「食べ物からじゅうぶんな量を摂ることが現実的には難しい」という状況なので、オリゴ糖商品を利用して、オリゴ糖の摂取量を増やすことをおすすめします。

 

オリゴ糖商品の中でも、粉末タイプのものは、オリゴ糖の純度・濃度が高く、さらに「添加物のリスクがきわめて少ないものが多い」という安全面のメリットもあるため、特におすすめですよ。