オリゴ糖の効果をドカンと感じるための裏ワザ

粉末タイプのオリゴ糖は、オリゴ糖の純度・濃度が高く、しかも「はぐくみオリゴ」や「カイテキオリゴ」などのように複数のオリゴ糖を組み合わせて善玉菌増殖の効率を高めているというものもあるため、オリゴ糖商品の中でも、高い便秘改善効果が期待できる存在と言えます。

 

そんな粉末オリゴ糖の効果を、さらにドカンと高める裏ワザがあったら、やってみたいと思いませんか?

 

「メーカー推奨の摂取法とは違う、あくまで自己責任の裏ワザ」ですが、ここでご紹介しましょう。

 

やるなら休日の前夜に!ぜいたくなオリゴ糖摂取

ではさっそくご紹介しましょう。

 

オリゴ糖摂取において「慣れないうちは少量から試す」ということがよく言われますが、ドカンと効果を得たいなら、おなかがゆるくなるのを覚悟で、初日こそむしろ多めにオリゴ糖を摂取するのがおすすめです。

 

私にはこれが非常に効果的で、初日に通常量の3倍ぐらいの粉末オリゴ糖を摂取したところ、翌日からさっそくお通じが劇的に改善されました。
もっとも「おなかを下してしまうまで、あと一歩」というギリギリのバランスでしたけれどね(笑)。

 

ただ、この方法は「便秘改善を通り越して、いきなりおなかがゆるくなってしまう可能性も高い」というリスクがありますので、もしおなかがゆるくなってもあわてなくて済むように、休日の前夜から試すのがおすすめです。

 

 

オリゴ糖の摂取量や時間を変えてみよう!

「オリゴ糖の摂取を始めてしばらくはお通じの調子がよかったけど、最近またちょっと停滞気味」という人もいると思いますが、そういう人には「オリゴ糖の摂取量や摂取時間を、いつもと変えてみる」という裏ワザがおすすめですよ。

 

たとえば「毎日、朝にスプーン一杯の粉末オリゴ糖を摂取していた」という人は、「今日はいつもの半分の量、その分、明日はいつもの1.5倍」「これまで朝にオリゴ糖を摂取していたけど今日は夜に摂取してみる」「1日分のオリゴ糖を、数回に分けて摂取してみる」などといった変化をつけてみましょう。

 

毎日決まった時間に決まった量のオリゴ糖をもらえる環境に慣れた善玉菌にとって、こうした変化球はいいアクセントになるのか、これでまた効きがよくなることも多いんですよ。

 

page top