便秘を悪化させるダメダメダイエットにご注意!

便秘を解消したい女性の中には「便秘解消だけじゃなく、ダイエットも頑張ってます!」という人も多いでしょう。

 

しかし、ダイエットのやりようによっては、便秘を悪化させてしまうリスクがあります。

 

便秘を悪化させる可能性が高いダメダメダイエットはどんなダイエットなのか?
それについてお話ししましょう。

 

食事抜き・炭水化物抜きダイエットはNG!

便秘を悪化させる可能性が高いダメダメダイエットの代表格として挙げられるのが、食事抜きダイエットや、炭水化物抜きダイエットです。

 

これらのダイエットの何がダメなのかというと、「食物繊維の摂取量が減る」という点がダメなんですよ。

 

炭水化物抜きダイエットの場合「パンやご飯などの主食から摂れるはずの食物繊維が摂れない」という状態になり、さらに食事抜きダイエットにいたっては、「他のおかずから摂れるはずの食物繊維すら摂れない」という状態になってしまうため、食物繊維不足による便秘悪化を引き起こすリスクがきわめて高いのです。

 

また、食事抜きダイエットは栄養バランスも崩れやすいことから、この点でも腸内環境の悪化が懸念されますね。

 

水分を控えるダイエットもやめよう!

 

「むくみによる太りが気になるので、水分摂取を控えている」というダイエットをする人も居ますが、これも問題です。

 

水分不足は便を硬くしてしまいます。

 

むしろ、ミネラル分の多い硬水系ミネラルウォーターをきちんと飲むほうが、「ミネラルの働きで老廃物の排出が促進されてむくみが改善し、便もマグネシウム等の作用でやわらかくなりやすい」というメリットが得られますよ。

 

どんなダイエットならいいのか?

 

では、どんなダイエットならいいのかというと・・・

 

「朝食・昼食はしっかりと食べ、間食と夕食を多少控えめにしながら、適度な運動をする」というダイエットです。

 

「運動は嫌だ、食事制限だけでダイエットしたい」という人も多いですが、無理のある食事制限ダイエットは、腸内環境悪化リスクが高いだけでなく、リバウンドのリスクもきわめて高いので、長い目で見れば何もいいことはありません。

 

ハードな運動をしなくても、数分程度で終わるエクササイズを取り入れるだけでもいいのです。
「運動して、適切な食事をする」という健康的なダイエットを心がけましょう。

page top