こんなオリゴ糖商品は買ってはいけない

オリゴ糖は、善玉菌を増やすことで腸内環境を改善し、自然な形で便秘の改善・解消に役立つ働きをしてくれる頼もしい味方ですが、世の中に出回っているオリゴ糖商品の中には、「買うべきではないもの」も混じっているのが現実です。

 

オリゴ糖シロップには注意すべし!

市販のオリゴ糖商品の中でも、ドラッグストアやスーパー等でもっともよく見かけるのが、安価なオリゴ糖シロップです。

 

「手軽に手に入れることができる」というのは魅力ですが、オリゴ糖シロップの中には、「砂糖類をたっぷり混ぜたもの」「人工甘味料を混ぜたもの」なども存在するので、原材料には注意する必要があります。

 

砂糖は悪玉菌の好物ですし、人工甘味料も腸内細菌のバランスを崩してしまうリスクが高いと言われていますからね。

 

砂糖も人工甘味料も、「せっかくのオリゴ糖の腸内環境改善作用を台無しにしてしまう」という可能性があるわけです。

 

オリゴ糖サプリは添加物のリスクが高い!?

「買ってはいけないオリゴ糖商品」としては、添加物の多いサプリメントも挙げられます。

 

「オリゴ糖のサプリに添加物!?信じられない」と思われるかもしれませんが、実際、かつて私が愛用していた、とあるオリゴ糖サプリには、増粘剤と乳化剤が使われていました。

 

それでも、これぐらいの添加物ならまだマシなほうです。
他社のオリゴ糖サプリの成分を見ると、人工甘味料や香料まで入っているものもあったんですよ。添加物が多ければ多いほど、「その添加物で腸内環境が乱される」というリスクは高まりますので、せっかくのオリゴ糖効果も台無しになってしまう可能性があります。

 

それに・・・あくまで私個人の意見ですが、そもそも、オリゴ糖をわざわざサプリにしなければいけない理由なんて、ないと思うんですよ。

 

なぜならオリゴ糖は、普通にそのままおいしく食べたり、飲み物や食べ物に気軽に混ぜて摂取できるものなんですから、わざわざ錠剤やカプセルなどの形状に変える必要が見当たらないのです。

 

オリゴ糖を、添加物リスクの高い錠剤やカプセルなどのサプリにするメリットと言えば、「持ち運びしやすい」ということくらいでしょうか。

 

ちなみに私は、旅行時などはオリゴ糖粉末を小さなチャック式の袋に入れて持ち歩いています。
これなら外食時のドリンクなどにササッと溶かせるので、不便を感じないどころかむしろ便利ですよ。

page top